little hands' lab

ドメイン駆動設計を布教したい

「実践ドメイン駆動設計」から学ぶDDDの実装入門 レビュー

「実践ドメイン駆動設計」から学ぶDDDの実装入門

DDD関連の新刊が出たのでレビューします。

「実践ドメイン駆動」(以下IDDD)という書籍を元に、それを読み解くための書籍、という位置付けの珍しい書籍です。確かにIDDD本は分厚くて難解ですからね。

CodeZineの人気連載を書籍化。 エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計(DDD)の考え方を、実際に導入するためには、それぞれの開発現場に合わせて、さらに具体的に噛み砕く必要があります。 そこで本書は、このDDDの考え方を実践に落とし込んだ書籍「実践ドメイン駆動設計」の構成に沿って、現代の開発現場において重要な部分にフォーカスし、DDD実装のノウハウを解説しました。図版を多く用い、DDD初心者にも分かりやすく解説しています。

「DDDという言葉を知っているものの、全容を理解できていない」「DDDを自分たちの現場に導入したいが、何から始めたらよいか分からない」といった悩みを抱えた開発者は必見の入門書です。

とのことです。

IDDDを読むにあたって要点を抽出されており、まとめとしては良いものかなと思いました。

ただ、IDDDを読み解くために整理された解説があるというよりは、情報量が純減しているようなように見え、なかなかこれ一冊ではDDDを理解し手を動かすというのは難しいかもしれません。結局IDDDを読む必要があります。 値段がもう少し安ければIDDDを読み解くおともに!と言えますが、お値段(Kindle版で2,430円)を考えるとちょっと手放しにおすすめとはしにくいかもしれません。

とはいえ、IDDDから入ろうとしてつまづいている方も多いと思いますので、そのような方には再度挑戦する足がかりになるかもしれません。